サザンストリート|北海道札幌市のストリートビュー認定フォトグラファー

北海道札幌市にてGoogleストリートビュー等のIT関連事業、ならびにファミリーイナダのメディカルチェア、ルピナスシリーズ販売取次代理店のサザンストリートです。

ホームお知らせブログ ≫ 【ワンポイント】「メディカルチェア」の独自技術 ≫

【ワンポイント】「メディカルチェア」の独自技術

○メディカルチェアの独自技術

1.メディカルチェアの「目」:光センサー指圧点自動検索システム
ファミリーイナダの独自技術「光センサー指圧点自動検索システム」は、マッサージ開始前に身体をセンシングするシステムです。肩の位置を見つけ出すことで、100人以上から割り出した統計データを元に、人それぞれ異なる指圧点を認識します。たった30秒で自動的に、効果的に身体の押すべきポイントを見つけ出す。
まさに、マッサージ師の「目」の役割を担う、メディカルチェアの「目」です。

2.メディカルチェアの「頭」:メディカルプログラム
マッサージに行って、「肩がこってるんです」と話しても、プロのマッサージ師は肩ばかりはもみません。「肩のコリ」を改善するために、プロは肩のコリに効果的な、全身のポイントをマッサージします。
メディカルチェアは、光センサーで見つけ出した指圧点をもとに、症状に合せたコリを改善することを目的としたマッサージを行います。どこをどのようにマッサージするかが、プログラムされているわけです。
まさに、マッサージ師の「頭」の役割を担う、メディカルチェアの「頭」です。

3.メディカルチェアの「手」:シーソー式4つ玉と超スローシステム
人の背骨はS字カーブを描いています。可動式の4つ玉、「シーソー式4つ玉」で背骨のS字カーブに沿ってマッサージ。さらに4つ玉で4点に体圧を分散することで、過度の刺激や不快なゴリゴリ感を緩和した、ソフトなもみ心地を実現。
また、もみ玉の形にもひと技があります。植野もみ玉と下のもみ玉の感覚は、人の親指と一刺しの指の感覚にすることで、人の手の大きさを再現しました。そして形状は人の親指のカーブを再現しています。
グッと止まるほどゆっくりともむ「超スローシステム」により、プロのマッサージ師が行う溜めのあるもみを実現しました。
まさに、マッサージ師の「手」の役割を担う、メディカルチェアの「手」です。


 
2020年03月10日 22:08

サザンストリート

所在地
〒063-0812
北海道札幌市西区
琴似2条4丁目1-24
山地ビル2F
札幌オフィスプレイス107

電話番号
011-676-4346

営業時間 8:30~18:00

定休日 土・日・祝日

事務所概要はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

サザンストリートスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら